コラム

故人を埋葬するという文化は、縄文時代にはすでにあったといわれています。
しかしお墓は、古墳に代表されるように有力者のものであり庶民が持つことは近年までありませんでした。

昭和30年代の高度経済成長期になると、一般の方もお墓を持つことができるようになり、各地で霊園や墓地が作られるように。
しかし進学や仕事で故郷を離れる人が増えてきた現代、お墓を持たない供養の仕方を選択される家族も増えてきています。

永代供養や納骨堂、樹木葬など、お墓のスタイルは変わっても、先祖・故人を敬う気持ちを忘れないでほしいですね。