コラム

お墓と仏壇の違いをご存知でしょうか。



お墓


一般的にお墓には遺骨が入っており、先祖代々の魂が眠っています。
そこへ、お盆お彼岸の時期になるとご先祖さまが帰ってきてみんなでお迎えに行きます(お墓参り)。


仏壇


一方仏壇には、ご先祖様の位牌が置かれています。
仏壇は、各家庭に設けられたお寺の役目を持っており、
毎日手を合わせて、ご先祖様と繋がる時間を持てるようにという意味があります。
キリスト教を禁じた江戸時代の頃に作られた檀家制度により普及したそうです。
現代は、檀家に入っていない家庭もありますし、
仏壇は実家に帰った時に手を合わせるだけの方も多いと思います。
今ではリビングに置ける、コンパクトでスタイリッシュな仏壇も増え、時代とともに変化してきています。