コラム

長男が本家の墓を継承し、次男・三男は新たな墓を建てるという
古くからの風習は一般的ではなくなってきている昨今。
現代は「妻が実家の墓に入りたい」や「家族だけのお墓にしたい」
「友達と一緒がいい」などと価値観が変わってきています。

法律上の決まりはない

法律上では、誰とどのお墓に入るのかという決まりはなく、
お墓を管理していく人が認めれば自由に建てることができます。
お墓について希望がある場合は、配偶者やお子さんなど、
死後にお墓を管理してくれる人に伝えておいたり、
遺言書を書いておいたりするといいですね。