コラム

親族・お寺や霊園・石材店などの業者。三者とのトラブルが多発!

親族間では「誰がどのお墓に入るのか」「誰が管理するのか」などといった問題。
お寺や霊園とは「檀家に入るか入らないか」「高額な入壇料や離壇料の請求」といったトラブル。
石材店とは「高額な料金」「ずさんな施工」などです。

これらのトラブルを防ぐには、慌てずにじっくりと話し合いをすること。
特に親族間は感情的にならず、生前から話し合っておくのが良いでしょう。
霊園や業者は、契約してから高額な金額を請求される場合も多いそうなので、
契約する前にしっかりと情報収集をして、
トラブルがあっても法的に勝てるように、書面でしっかりと契約することです。



故人を供養するために、故人とのつながりを持つために建てるお墓なのに、
トラブルで嫌な思いをするのは避けたいですね