コラム

いよいよゴールデンウィークが始まります。
今では少なくなりましたが、祝日には玄関先に日の丸を掲げる家が見られます。
これは祝日が「旗日」とも言われる所以でもあり、
国民の祝日を、国旗を掲げてみんなでお祝いしようという気持ちが込められています。

ところで、日の丸の意味についてご存知でしょうか。
ズバリ赤い丸は太陽を意味しています。

農耕民族だった日本人にとって、太陽はなくてはならない存在。
生活や心の中で、太陽は大切にされていました。
そして色については
赤は「博愛」「活力」、白は「神聖」「純潔」を意味しています。
日の丸には、太陽をはじめとした自然や神の力を信じ
いつも美しく優しい心で、エネルギーに満ちた存在でありたいという願いが込められているのでしょうか。

国旗掲揚に反対する意見もありますが、
私たちの祖先の願いが込められた日の丸。
その意味に想いを馳せながら眺めてみると、
「明日も頑張ろう」という活力が湧いてくるかもしれませんね。